TECHNOLOGYグエラの技術紹介

独創的なアイディアと、シンプル構造の技術

Basic technology基礎技術

酸化物半導体の光励起構造変化による新機能発現。

透明電極上に塗布分解法で酸化物半導体を成膜し、これに紫外線照射*することにより、酸化物半導体のバンドギャップに電子捕獲用準位を形成します。 その後、透明電極を形成し、上下の電極間に電圧を印加することにより、酸化物半導体のバンドギャップの準位に電子を出し入れします。
バンドギャップ中に電子があると光を吸収して黒(グレー)になります。また、バンドギャップ中に電子がないと透明になります。
このようにして、電界で光透過率を制御(透明と黒の間)することができます。

※紫外線照射により、原子の再配列(光励起構造変化)をしています。

Light control glass調光ガラス

電圧を加えることにより、透明と着色(グレー)間を変化できるガラス。

グエラテクノロジー株式会社が開発した調光ガラスの大きな特徴は、従来の調光ガラス(フィルム)が着色時に乳白色または青色であるのに対して、グレー(色味がニュートラル)であることです。
また、当社開発品は、着色時には近赤外線もカットするので、直射日光の熱をカットする効果があり、夏季の室内・車内等の温度上昇緩和に効果があります。
建築用ガラスまたは自動車用ガラスに成膜して、自動で光(紫外~赤外)透過率制御を行うことが出来ます。

air

調光ガラスの特徴

  • 電圧3V程度で、透明〜グレー間を任意に変化可能。
  • グレーに変化した時は近赤外線をカット
  • 電源を切っても直前の透過率を維持(メモリー性)
  • 無機個体のため耐候性が良好
  • 応答速度0.1〜1s

pagetop

GUALA Batteryグエラバッテリー

世界初・環境に優しい新技術二次電池。

酸化物半導体のバンドギャップ中に電子捕獲準位を形成、この準位に絶縁層を介して電子を充填(充電)するか空(放電)にするかにより、充放電を行います。

グエラバッテリーの特徴

  • グエラテクノロジー完全オリジナル技術
  • コンパクトで大容量
  • 無機個体の為、安全・耐環境性
  • 高速充放電
  • シンプル構造

充電の仕組み

二次電池の充放電の仕組みを、解りやすく図にしました。
画像をクリックすると説明が出ます。

air

pagetop